1万人目となった小倉さん(左)

 【宇都宮】県の伝統工芸品などを紹介している県立博物館の企画展「とちぎの技・匠(たくみ)」の来場者が8日、1万人を突破した。

 1万人目となったのは日光市御幸町、無職小倉利昌(おぐらとしまさ)さん(62)。世界遺産二社一寺の彩色や漆塗りを紹介する展示を見て「歴史に関する物に興味があった。技術が深いですね」と感心していた。