7回、栃木GBの村田(右)が左越えに2点本塁打を放ち、次打者の八木に迎えられる=小山運動公園野球場

 野球独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブス(GB)は8日、小山運動公園野球場で新潟と対戦、9-3で快勝した。通算成績は9勝6分け14敗でリーグ順位は最下位のまま。

 栃木GB打線が爆発したのは両チーム無得点で迎えた六回。2安打と四球で1死満塁とし、村田修一(むらたしゅういち)の左前打、代打松井永吉(まついえいきち)の右中間を破る二塁打など打者一巡の猛攻で一挙7点を挙げた。八回は村田がこの日3安打目となる左越え2点本塁打を放ち試合を決定付けた。

 投手陣では二回で負傷降板した先発ウーゴの後を受けた吉川竜太郎(よしかわりゅうたろう)が好投。六回まで相手打線を無安打に抑え試合をつくると、大量援護に守られ最後まで投げ切った。

 次戦は9日午後1時から、群馬県の高崎市城南野球場で群馬と対戦する。