今季の意気込みを語る田臥主将=ブレックスアリーナ宇都宮

 2020-21シーズンの開幕を10月に控え、23日に新体制を発表したB1宇都宮ブレックス。今季も主将を任された田臥勇太(たぶせゆうた)は2季連続でけがで戦線離脱しただけに、「今季はシーズンを通して戦う」と4季ぶりの王座奪還へ決意を示した。

 今季は外国籍2選手が新加入。前B1琉球監督の佐々宜央(さっさのりお)氏がアシスタントコーチとしてスタッフに加わった。新体制発表イベントにはジェフ・ギブスを含む3人の外国籍選手は不在となったが、田臥は「チームの雰囲気はいい。新加入選手もどんなプラスアルファをもたらしてくれるか楽しみ」と話した。