王座奪還を誓い、ガッツポーズをとるブレックスの選手ら=23日午後3時35分、ブレックスアリーナ宇都宮

 バスケットボールB1宇都宮ブレックスは23日、ブレックスアリーナ宇都宮(宇都宮市体育館)で2020-21シーズンの新体制発表イベントを開いた。今季スローガンは、コロナ禍から一緒にはい上がろうというメッセージを込めた「RISE AS ONE(ライズ・アズ・ワン)」。藤本光正(ふじもとみつまさ)社長は「昨季はシーズン打ち切りの悔しさを味わった。その苦境から力強く立ち上がり、困難に立ち向かっていく」と話した。

 新型コロナウイルス感染症対策として初の無観客で開催。ジェフ・ギブスら外国籍選手を除く日本人9選手が、紺色を基調とした新ユニホーム姿で登場した。

 選手トークショーなどの模様は動画投稿サイト「ユーチューブ」ほかでライブ配信され、2千人を超えるファンが視聴した。7季連続で主将を務める田臥勇太(たぶせゆうた)は「今季も優勝を目指し、ファンと共に最後まで戦い抜く」と誓った。

 ブレックスの今季開幕戦は10月3日に同会場で行われ、西地区の琉球と対戦する。