骨なしの手羽先(手前右)と炙りへしこ

 大通り沿いに、古民家風のたたずまい。「ことり」という店名は「小料理屋」と「焼き鳥」を掛けた。炭火料理と一緒に、日本酒が楽しめるお店だ。

Web写真館に別カットの写真

 炭は紀州備長炭を使用。店主の牛丸慎之輔(うしまるしんのすけ)さん(31)は「炭の香りがいい。火の入りも普通の炭と違い、水分が抜けにくくなる」と説明する。

 お酒をメインに考えて、それに合う料理を用意する。「その日のいいものを出したい」という思いから、メニューは毎日のように変わるという。

 この日のお薦めは「手羽先(骨なし)」(税別220円)。「手羽先は骨に気を取られて、本来のおいしさに気付きにくいんです」と牛丸さん。丁寧に骨が抜かれた手羽先は、うま味が凝縮。手が汚れて敬遠しがちな手羽先も、これなら何本でも食べられそうだ。

 酒のあてに「炙(あぶ)りへしこ」(同480円)も注文した。あぶることで、じゅわっと広がるサバの脂。鬼おろしでおろした大根が、食感のアクセントになる。レモンを絞ってさっぱり頂くのもいい。

 お酒は日本酒が一押し。栃木の地酒はもちろん、全国各地の日本酒がそろう。基本的には売り切れたら同じ日本酒は入荷しないため、通う度に違ったお酒を楽しめる。牛丸さんは「日本酒を飲みに、ふらっと来てほしい」と話した。

 メモ 宇都宮市馬場通り2の3の5。▽営業時間 午前11時半~午後2時(ラストオーダー1時半)、午後5時~午前0時(ラストオーダー午後11時)▽定休日 月曜▽(問)028・611・1440