昨年10月に県高野連が初開催した幼児向けの野球体験会=清原体育館

 高校硬式野球部の部員数が前年度比37人増の2104人と全国で唯一増加した栃木県。「県高野連や各学校の取り組みの成果」と分析する声がある一方、全国的に減少傾向が続いていることから関係者の危機感は強いまま。野球人口の裾野を広げるため、より低年齢層へのアプローチも行われるなど、新たな取り組みが始まっている。

 「今やるかどうかで5年、10年先の野球部の存続に関わってくる」。茂木高は18年から同校グラウンドで町内の学童野球チームを招いた野球教室を開催している。