男子400メートル決勝を46秒92の大会新で制した佐藤風雅(那須環境技術センター)=カンセキスタジアムとちぎ

関口清乃

男子400メートル決勝を46秒92の大会新で制した佐藤風雅(那須環境技術センター)=カンセキスタジアムとちぎ 関口清乃

 陸上の第91回栃木県選手権は21日、宇都宮市のカンセキスタジアムとちぎ(県総合運動公園陸上競技場)で開幕。女子ハンマー投げで関口清乃(せきぐちきよの)(県スポーツ協会)が55メートル27の県新記録で初優勝した。

 今大会から選手権種目の1部、オープン種目の2部の2部制で実施。関口は最終6投目で、9日の記録会で自らマークした従来の県記録を1メートル25センチ上回った。男子400メートル決勝は県記録保持者の佐藤風雅(さとうふうが)(那須環境技術センター)が46秒92の大会新で初の頂点に立った。女子やり投げは郡司美奈子(ぐんじみなこ)(国士舘大)が45メートル66で5連覇を達成。400メートルリレーは男女とも作新大が制した。