県やJAの関係者らが除幕した「いちご記念碑」=21日午前10時15分、県庁昭和館の前庭

 栃木県内のイチゴ生産量が50年連続日本一となったことを記念する「いちご記念碑」が21日、県庁昭和館の前庭にお目見えした。イチゴをかたどった石像の横に座って写真を撮ることができ、新たなフォトスポットとして県産イチゴをPRする場所になりそうだ。

 記念碑は、品種開発などによってイチゴの生産振興に貢献した県への感謝を込め、JA全農とちぎと生産者で組織する栃木いちご消費宣伝事業委員会が寄贈した。

 イチゴの像は高さ2メートルで、空に向かって長く伸びたヘタは日本一の生産量を象徴している。いすの部分には県が開発した品種「女峰」「とちおとめ」や、目標を見失わずに励み続けるという意味の「万里一空(ばんりいっくう)」の文字が刻まれた。

 式典で、JA全農とちぎ運営委員会の高橋武(たかはしたけし)会長や福田富一(ふくだとみかず)知事らが記念碑を除幕した。高橋会長は「今後もイチゴ生産量日本一であるようにとの願いを込めた」と述べた。

 県によると、県産イチゴは2017年産(16年秋~17年夏)で生産量が50年連続日本一となった。