野球独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブス(GB)は21日、小山運動公園野球場で茨城と対戦し、9-5(規定により八回途中時間切れ)で勝った。引き分けを挟んだ連勝を10に伸ばし、通算成績は22勝3分け8敗。

 栃木GBは先発の比嘉大智が初回に2点本塁打を浴びたが、裏の攻撃で無死一、二塁から敵失と斎藤尊志の右前適時打で同点に追い付いた。三回は1死満塁から押し出し四球と青木玲磨の犠飛、新山進也の右前適時打で3点を追加し、四回は佐々木斗夢の3点本塁打で突き放した。六回に登板した2番手の萩原龍衛は味方の失策が絡んで3失点したが、七回以降は堀越歩夢、山田綾人が無失点に抑えて逃げ切った。

 次戦は22日午後3時から、茨城県美浦村の光と風の丘公園野球場で茨城と対戦する。