新型コロナウイルス対策として県は20日から、無料通信アプリ「LINE(ライン)」に公式アカウントを開設し、感染者の発生情報などを配信する。

 公式アカウントは「栃木県-新型コロナ対策パーソナルサポート」。検査件数や警戒度指標の推移なども定期的に配信。県のホームページ(HP)にリンクさせ、相談窓口などの情報も入手しやすいようにする。QRコードを読み取り、登録できる。

 県はHPやツイッターなどでも情報を提供しているが「よりタイムリーに情報を発信し、感染防止対策につなげたい」(県健康増進課)としている。

 9月上旬からは、店舗やイベント会場を利用した際に記録し、感染者と接触した可能性が判明すると連絡を受け取れるサービスも追加する。