ゴルフ場敷地内で捕獲された子グマ=19日午後3時10分、日光市所野(日光署提供)

 18日夜から19日朝にかけ、栃木県日光市丹勢の飲食店と同市所野の県道の2カ所でツキノワグマが目撃された。このうち、獣医師が子グマ1頭を捕獲し、市有林に放した。日光署によると、2カ所は距離が離れていることなどから、別のクマの可能性が高いという。

 19日午前8時ごろ、通行人の男性が同市所野の県道上にいたクマを目撃し、110番した。クマはその後、近くのゴルフ場敷地内に侵入したとみられる。同市に依頼された獣医師が午後3時ごろ、敷地内にいたクマを麻酔吹き矢で捕獲した。体長約40センチ、体重約6.5キロの子グマの雄。麻酔で眠らせた状態で市有林に運び、放した。親グマは目撃されていないという。

 ゴルフ場の担当者は「このあたりでクマが出るのは初めて」と驚いた。

 一方、18日午後8時35分ごろ、丹勢の飲食店で体長約1メートルとみられるクマが目撃された。裏口のドアから侵入した形跡があったが、大きな被害はなかった。同署は関係機関と連携し、付近に注意を呼び掛けている。