新型コロナウイルス感染症を考慮し、佐野市教委は18日、本年度の市立中学校と義務教育学校後期課程(中学校段階)の修学旅行を中止することを明らかにした。市立小学校に関しては20日に話し合う予定。

 中学校長会と市教委が17日、協議して決めた。同会の中でも「思い出づくりのために実施した方がよい」との意見もあったが、「生徒の安全を最優先すべきだ」との声が大勢を占めた。

 代替の日帰り旅行の実施などは、各校の判断に委ねる。中止に伴い、旅行の手配にかかる「企画料」の支払いなどについては、保護者の負担にならないよう調整していく。市教委は今後、宿泊を伴うスキー合宿などの行事に関しても話し合いを設け、実施可能かどうかを検討するとしている。

 栃木県内では、那須塩原市教委が市内中学校の修学旅行中止を決めている。