今市高男子ホッケー部

 私たち今市高校男子ホッケー部はチームワークを重視し、日々の練習に励んできました。個々の力以上にそこは誇れる持ち味だと思っています。

 目標にしていた全国高校総体が中止となったのは本当に残念でした。2連覇が懸かった昨夏は準決勝で天理高校に惜しくも敗れています。だからこそ、この夏に懸ける思いは誰もが強く、中止による喪失感はみんなも大きかったはずです。

 それでも私たちにできることはホッケーだけでした。もちろん簡単に気持ちを切り替えられるものでもありませんが、このコロナ禍でホッケーができることに感謝をしなければなりません。仲間ともそう話しました。

 最近はみんな練習に集中できるようになりました。尊敬する先輩たちが所属する地元のリーベ栃木とも練習試合をさせていただき、国内トップレベルの選手から多くを学びました。実際に勝ち負けを意識しながらプレーできたことは収穫だと感じています。

 あとは冬に全国選抜大会が開催されることを願うばかりです。この夏に悔しさを味わったのはライバルも同じはず。その思いを糧に練習し、ホッケーと向き合うことができたチームが優勝に近づけると信じています。

 私たちのスローガンは「真摯(しんし)闘魂」。その言葉通りに、最後までチーム一丸となって戦い続けるつもりです。