新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(米国立アレルギー感染症研究所提供)

 栃木県と宇都宮市は16日、県内で新たに計7人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。県内で感染者の確認は2日ぶり。累計の感染者数は計276人となった。

 県によると、このうち2人は小山市の70代の夫婦で、東京都在住の親族が9~10日に自宅に来ていて、その後この親族の陽性が判明していた。高根沢町在住の40代男性は、これまでに陽性が判明していた知人と共に外出していた。

 宇都宮市が感染を確認した4人のうち、70代男性1人、70代女性1人、40代男性1人は、これまでに判明した感染者の家族など濃厚接触者。40代男性1人は経路を調査している。