7月の優秀賞を受賞した阿久津さんの作品(真岡市提供)

 【真岡】市は写真共有アプリ「インスタグラム(インスタ)」でテーマに沿った作品を毎月募集するフォトコンテストを行っている。第1弾となった7月は「真岡の夏」をテーマとし、優秀賞に西郷、会社員阿久津香織(あくつかおり)さん(43)の作品を選んだ。8月は「真岡のSL」を募集している。

 フォトコンテストは新型コロナウイルスの影響でイベントなどが中止となる中、市を盛り上げようと企画。7月に開始した。来年3月まで実施する。毎月、応募作品の中から市職員の審査で優秀賞を選出し、受賞者には市のオリジナルグッズを贈る。

 阿久津さんは、優秀賞作品を2018年に家族で訪れた下籠谷(しもこもりや)の一万人プールで撮影。大きなバケツから水が吐き出される遊具で、しぶきが広がる瞬間をスマートフォンのカメラで捉えた。阿久津さんは「真岡の夏と言えば一万人プールかなと思った。今後もテーマに合う良い写真が撮れたら投稿していきたい」と話した。

 8月は、インスタで「#mokafan」と「#真岡のSL」のハッシュタグを付けて投稿すると応募できる。締め切りは31日。優秀賞や9月以降のテーマは市の公式インスタ(@mokacity_official)で発表する。