野球独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブス(GB)は14日、茨城県の高萩市民球場で茨城と対戦し、8-5(規定により八回時間切れ)で勝った。7連勝で通算成績は19勝2分け8敗。

 六回まで2安打に抑えられていた栃木GB打線は1-1で迎えた七回、2本の単打で1死一、三塁の好機をつくると内山翔太(うちやましょうた)が左越えに勝ち越しの3点本塁打を放った。さらに2死満塁から代打の原田元気(はらだげんき)が左前に2点適時打を放つなど、この回打者一巡の猛攻で5点を奪取。八回も若松聖覇(わかまつせいは)の右越え2点本塁打で突き放した。

 守っては先発の比嘉大智(ひがだいち)が7回1失点と好投。八回に山田綾人(やまだあやと)が5安打を浴びて4失点したが逃げ切った。

 次戦は15日午後1時から、佐野市運動公園野球場で茨城と対戦する。