文化勲章受章者で2月に亡くなった塩谷町出身の作曲家船村徹(ふなむらとおる)さんを偲(しの)ぶ会の参加申込者が8日間で1400人を超え、県は8日、参加受け付けを締め切った。当初予定した17日の締め切りを前に定員400人を大幅に上回る応募となった。

 偲ぶ会は6月13日に開催する。県はできるだけ多くの県民に参加してもらおうと、会場をサブホールからメインホールに変更。1400人程度収容できる見込みで、8日までの申込者に入場券を送付する。申し込みの早かった約600人を1階席に、その他の県民を2階席などに案内する。