あいだっこ前で記念撮影する高校生ら

「今日から俺は!!劇場版」と市のコラボグッズ

あいだっこ前で記念撮影する高校生ら 「今日から俺は!!劇場版」と市のコラボグッズ

 栃木県足利市内を中心に撮影された映画「今日から俺は!! 劇場版」が大月町のシネマコンプレックス「ユナイテッド・シネマ アシコタウンあしかが」で7月中旬に公開されて以降、人気を集めている。同館は新型コロナウイルス感染対策として前後左右の席を空けるなどの体制で上映しているが、3週間で4千人超が観覧した。市イメージキャラクター「たかうじ君」との公認コラボグッズも販売され、人気を支えている。

 同作は漫画が原作で2018年にテレビドラマ化され人気を集めた学園コメディー。ドラマ同様、小山市出身の福田雄一(ふくだゆういち)さんが脚本・監督を務めた。撮影は昨年末から今年初めに大前町の旧足利西高や福居町の染色加工会社「トチセン」など約20カ所で行われた。

 同館の観客動員は公開から3週間の7日時点で4千人超え。同じく市内で主なロケを行った映画「今夜、ロマンス劇場で」は約2カ月の公開で約3千人、「湯を沸かすほどの熱い愛」は約5カ月で約4千人で、早くも両作品の動員数を超えた。

 一方、グッズ販売は市映像のまち推進課が配給会社に提案して実現した。旭町のヤザワスポーツがポロシャツ、錦町の月星食品がソース、通2丁目のハマダがクッキーを販売。いずれも同作の主人公さながらの学ラン姿、髪形の「たかうじ君」がプリントされている。感染症対策で各社サイトで通信販売している。

 JR足利駅内の市移住・定住相談センター「Aidacco(あいだっこ)」には写真撮影用の等身大パネルが展示され、こちらも人気という。