男子4位に終わった楢崎智=岩手県営スポーツクライミング競技場

 スポーツクライミングで到達した高さを競うリードのジャパンカップ最終日は11日、盛岡市の岩手県営スポーツクライミング競技場で行われ、男子は17歳の西田秀聖(にしだ・ひでまさ)(奈良県連盟)が初優勝。宇都宮市出身で東京五輪代表の楢崎智亜(ならさき・ともあ)は(TEAM au)4位だった。女子は昨年の世界選手権銅メダリストで16歳の森秋彩(もり・あい)(茨城県連盟)が日本選手権として実施されていた2018年大会以来2度目の日本一を果たした。

 本県勢で唯一の決勝進出を果たした楢崎智は8人による決勝で順調に高度を獲得したが、最終盤でホールド(突起物)をつかみきれずに落下した。前回優勝の藤井快(ふじい・こころ)(TEAM au)は5位だった。

 女子は4人が完登し、準決勝の結果で東京五輪代表の野口啓代(のぐち・あきよ)(TEAM au)は2位となった。今年のボルダリングとスピードのジャパンカップを制した伊藤(いとう)ふたば(同)は7位。野中生萌(のなか・みほう)(XFLAG)は準決勝で敗退した。