日光街道で倒れた電柱や木=11日午後4時10分、日光市森友

片側2車線の道路のうち1車線以上をふさいだ倒木=11日午後、日光市今市

倒木被害が相次いだ日光街道=11日午後4時5分、日光市森友

倒木が直撃した車=11日午後4時35分、日光市森友(写真は一部加工しています)

倒れた電柱に押しつぶされたトラック=11日午後4時10分、日光市森友(写真は一部加工しています)

倒木が直撃した車=11日午後4時35分、日光市森友(写真は一部加工しています)

日光街道で倒れた電柱や木=11日午後4時10分、日光市森友 片側2車線の道路のうち1車線以上をふさいだ倒木=11日午後、日光市今市 倒木被害が相次いだ日光街道=11日午後4時5分、日光市森友 倒木が直撃した車=11日午後4時35分、日光市森友(写真は一部加工しています) 倒れた電柱に押しつぶされたトラック=11日午後4時10分、日光市森友(写真は一部加工しています) 倒木が直撃した車=11日午後4時35分、日光市森友(写真は一部加工しています)

 11日午後2時45分すぎ、栃木県日光市内で突風による倒木が相次いだ。突風などの影響で少なくとも住宅1棟が一部損壊し、男女2人がけがをした。当時、同市内には竜巻注意情報が出ていた。宇都宮地方気象台は12日、現地に職員を派遣し、被害状況や原因を調査する。

 今市署や同市などによると、同市内では国道121号(例幣使街道)など少なくとも10カ所で倒木が発生。森友の国道119号(日光街道)では約700メートル間で並木杉や電柱が相次いで倒れ、走行中の乗用車を木が直撃。乗っていた男性(38)が指をねんざしたほか、民家の塀や事業所のトラックなどが損壊した。同所の店舗では従業員女性(62)が突風で転倒し、頭を打つけがをした。

 また今市の店舗兼住宅の壁の一部が剥がれ、目の前の道路を走っていた車が破損するなど被害が相次いだ。同市内では約660世帯が停電した。

 自宅にいた同市、サービス業男性(46)は「雷が鳴りひょうが降って外が真っ白になった。ほんの一瞬だった」と話した。車で走行中、間一髪で倒木直撃を免れた同市、40代会社員男性は「雨が強く前方が見えなかったので徐行していたら突然、車の前後に倒れてきた」。日光街道近くに住む男性(88)は「長年住んでいるがこんな被害は初めて」と驚いた。