3度目の優勝を飾った相馬義孝(那須塩原)の10番ティーショット=県民ゴルフ場

 第38回県社会人アマチュアゴルフ選手権大会(県ゴルフ連盟主催)は10日、県民ゴルフ場(6670ヤード、パー72)で136選手が出場して行われ、相馬義孝(そうまよしたか)(那須塩原)が3アンダー69の好スコアで5年ぶり3回目の優勝を飾った。

 相馬は得意のパットを武器に安定したゴルフを展開。午前のインを1アンダー35にまとめトップに2打差の6位と好位置につけた。アウトではパー4で最も距離のある4番(416ヤード)を9番アイアンで3メートル、6番パー3(162ヤード)も7番アイアンで1・5メートルにつけ共にバーディーを奪い2アンダー34にまとめた。

 1打差の2位には5番パー5(525ヤード)でイーグルを奪った中川雅俊(なかがわまさとし)(鹿沼)、3位には過去2回優勝している後藤貴浩(ごとうたかひろ)(宇都宮)が食い込んだ。連覇を狙った鈴木貴士(すずきたかし)(宇都宮)はパープレー72で8位に終わった。