始球式を務めたバックスの秋元=県営球場

 8日の栃木GB-茨城戦のイベントとして、アイスホッケーアジアリーグのHC栃木日光アイスバックスに所属するDF秋本(あきもと)デニス(28)が始球式を行い、会場を盛り上げた。秋本は「始球式で投げるのが憧れだった」と声を弾ませた。

 秋本はロシアのハバロフスク出身で埼玉栄高入学を機に来日。高校時代にチームメートと遊びでやっていたというキャッチボールの経験を生かし、始球式では右腕からノーバウンドで見事な球を投げた。

 始球式後はスタンドに足を運び、栃木GBファンとともに試合を見守った秋本。「アイスホッケーも栃木のプロスポーツの一つ。野球と同じように応援してほしい」と願っていた。