塩原八弥のパネルを撮影する観光客ら

 【那須塩原】塩原温泉を擬人化したご当地少女キャラクター「塩原八弥(しおばらやや)」を活用して誘客につなげようと活動する地元有志団体「プロジェクト88(やや)」は8日、塩原の塩原もの語り館で塩原八弥のパネルを一堂に集めた「八弥夕(ややばた)」イベントを開いた。

 8月8日を語呂合わせで「八弥の日」と定め、七夕にちなんだイベントとして初めて企画。全国からファンが集まった。

 普段は温泉街の飲食店などに分散展示されている塩原八弥のパネル15枚を一斉展示し、オーバーオールを着て農具を持つ酪農家風のパネルなど新しいデザイン3種類をお披露目した。来場者が「作ってほしいグッズ」などの願い事を短冊に書いて展示する企画なども行った。