新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(米国立アレルギー感染症研究所提供)

 県と宇都宮市は8日、宇都宮と足利、真岡の3市在住の20~60代男女計5人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。県内の確認は7日連続で、感染者は計243人となった。

 真岡市在住の30代男性は6日に発症した。4、5、7の3日間、真岡市荒町の居酒屋「結び」に勤務し、6日は同僚や知人と同市内の別の飲食店を利用した。濃厚接触者は家族と知人、同僚2人の計8人。

 県は「結び」を4、5、7の3日間(午後5~12時)に利用し、体調不良などがあった場合、県東健康福祉センターや最寄りの保健所に相談するよう呼び掛けている。