出馬表明の記者会見で記者の質問に応じる福田知事=7日午後6時、県庁

 「私自身も大いに悩み、一度立ち止まり、この16年間を見つめ直した」。知事選への5選出馬を7日に正式表明した福田富一(ふくだとみかず)知事。出馬を決意したのは5月の連休明けで、それまでには勇退を考えていたことも明かした。

 現職で表明した過去3回の知事選に比べ、決断までに慎重な姿勢を貫いた。その大きな要因の一つが、多選批判への懸念だろう。「権腐十年」は宇都宮市長時代からの政治信条。その言葉と今回の5選出馬が「矛盾」と映る県民もいるはずだ。