佐藤市長にシーズンの報告をした鎌田社長(右)と田臥選手(左)

佐藤市長にシーズンの報告をする鎌田社長(中央)、田臥選手(左)

佐藤市長にシーズンの報告をした鎌田社長(右)と田臥選手(左) 佐藤市長にシーズンの報告をする鎌田社長(中央)、田臥選手(左)

 【宇都宮】市を本拠地とするプロバスケットボールB1栃木ブレックスの鎌田真吾(かまたしんご)社長と田臥勇太(たぶせゆうた)選手が7日、市役所を訪れ、佐藤栄一(さとうえいいち)市長に2017-18シーズンの活動報告をした。

 鎌田社長は「メンバーの交代などがあり、かみ合うまで時間がかかったが、後半戦からは上位チームとも戦えるようになった」とし「今の状況で来シーズンを迎えるなら、よりチームとしての完成度が上がる。自信が付いたシーズンだった」と振り返った。