夢中でミルクを飲むスナネコの赤ちゃん

 栃木県那須町大島の那須どうぶつ王国で「砂漠の天使」と呼ばれる世界最小級の野生ネコ「スナネコ」の雌3匹が誕生し、健やかに育っている。

 雄のシャリフ、雌のジャミールが両親。母親は4月末に雌のアミーラを産んだ後、今回生まれた3匹を妊娠し、7月9日の早朝に出産した。2匹は母親が巣箱で育て、1匹は出産直後に低体温で衰弱したため人工保育に切り替えた。現在の3匹の体長は約19センチ、体重は誕生時の3.5~5倍の約350グラムとなった。

 今月12日からは人工保育で育った1匹を一般公開する。名前は、アミーラの名前を公募した際に集まった候補から選ぶ。飼育員の荒川友紀(あらかわゆき)さん(28)は「鼻筋が通ったキリッとした表情と気の強さが魅力。人気者になってほしい」と話した。

 他の2匹は巣箱から出るようになってから公開を検討する。