本県最低賃金と引き上げ額の推移

 栃木地方最低賃金審議会(会長・杉田明子(すぎたあきこ)弁護士)は5日、本年度の本県地域別最低賃金を1時間当たり1円(0・12%)引き上げ854円に改定するよう、栃木労働局の浅野浩美(あさのひろみ)局長に答申した。2016年から4年連続で3%台の上昇が続いていたが、新型コロナウイルスの感染拡大による経済情勢の悪化が影響し、04年以来の水準に落ち込んだ。

 10月から適用される見通し。各都道府県の地方審議会が審議の参考とする中央最低賃金審議会は7月、リーマン・ショック後の09年以来11年ぶりに引き上げの目安額を示さなかった。