ドリブルの練習を繰り返すブレックスの比江島(左2人目)=清原体育館サブアリーナ

今季初のチーム練習で汗を流すブレックスのテーブス(手前)=清原体育館サブアリーナ

ドリブルの練習を繰り返すブレックスの比江島(左2人目)=清原体育館サブアリーナ 今季初のチーム練習で汗を流すブレックスのテーブス(手前)=清原体育館サブアリーナ

 B1宇都宮ブレックスは4日、宇都宮市の清原体育館サブアリーナで今季初のチーム練習を行い、10月3日に開幕する新シーズンに向けて始動した。

 登録選手12人のうち、ジェフ・ギブスや新加入のジョシュ・スコット、LJ・ピークら外国籍選手とライアン・ロシターを除き、田臥勇太(たぶせゆうた)や比江島慎(ひえじままこと)ら8人が参加。ドリブルやシュートなど基本的なメニューを中心に、約1時間半にわたって汗を流した。