足利銀行(清水和幸(しみずかずゆき)頭取)は、店舗ネットワークを見直し、7出張所を9月から順次、近隣支店に統合する。

 足銀などを傘下に置くめぶきフィナンシャルグループの第2次グループ中期経営計画に基づく。捻出した人材などの経営資源をコンサルティング機能の強化などに再配分する。

 南那須(那須烏山市)、邑楽町(群馬県邑楽町)両出張所は9月11日で窓口営業を終了し、それぞれ烏山(那須烏山市)、館林(群馬県館林市)両支店に統合する。また、同18日限りで西方、片柳両出張所(ともに栃木市)をそれぞれ楡木(鹿沼市)、栃木(栃木市)両支店に統合する。