夕顔杯中学サッカー、決勝は世界の笛 W杯審判壬生町出身・相楽さんと西村さんが出場

 壬生町内外の中学生が出場する「壬生夕顔杯争奪中学生交歓サッカー大会」で、同町国谷の壬生総合公園陸上競技場で22日に行われる決勝戦の審判を、同町出身の国際審判員相楽(さがら)亨(とおる)さん(40)=矢板市在住=とプロのサッカー審判員西村雄一(にしむらゆういち)さん(45)が務める。2014年のワールドカップ(W杯)ブラジル大会で西村さんが主審、相楽さんは副審を務め日本人審判員として初めて開幕戦を担当するなど、数多くの国際大会を経験している2人。今年30回目を迎えた夕顔杯の節目を記念し、世界水準のジャッジを披露する。

 夕顔杯は1988年から続く大会で、「壬生中・南犬飼中サッカー部保護者会」が主催。今年は今月15日に開幕、町や下野、栃木両市などの中学計24校が出場し、同競技場などで予選リーグと決勝トーナメントを戦う。22日に準決勝2試合と3位決定戦、決勝戦が行われる。

 相楽さんが「節目の大会で西村さんにぜひ主審を務めていただきたい」と要望したところ、西村さんが快諾した。国際舞台でも活躍したプロの審判員が地域のサッカー大会で審判を務めるのは珍しいという。

 決勝戦は午後1時開始予定。大会後の表彰式では2人が講評などを行う。