泥だらけになってバレーを楽しむ参加者

 【日光】高齢者の孤立を防ごうと活動する大田原市の一般社団法人「えんがお」(浜野将行(はまのまさゆき)代表理事)はこのほど、小百の水田で「チャリティーどろんこバレー大会」を開いた。

 休耕田を活用しながら、イベントを通して気軽に社会貢献事業に関わってもらおうと企画し、会員制交流サイト(SNS)などで周知。市内外の高校生や大学生、社会人ら約40人が参加した。参加費から運営費を差し引いた計1万円が、貧困家庭の子どもを支援する今市のNPO法人「だいじょうぶ」に寄付された。