ニホンジカ捕獲数の推移

 2019年度に栃木県内で捕獲されたニホンジカは1万201頭で過去最多だったことが、2日までに県のまとめで分かった。1万頭を超えたのは初めて。23年度までに個体数半減を目指す国の方針や、県が18年度から始めた奨励金制度などもあり、県内で捕獲意識が向上しているとみられる。一方で県東部を中心に生息域が拡大傾向にあり、引き続き対策が求められている。

 捕獲数は前年度比で12%、1075頭増加。目標の8千頭を大きく上回った。11年度と比べ8年間で4倍以上に増えている。