5回、栃木GB・若松聖の適時二塁打で二走の片山がホームイン=とちぎ木の花スタジアム

6回を1安打無失点と好投し、4勝目を挙げた栃木GBの比嘉=とちぎ木の花スタジアム

5回、栃木GBの佐々木が右翼線に走者一掃の適時二塁打を放つ=とちぎ木の花スタジアム

5回、栃木GB・若松聖の適時二塁打で二走の片山がホームイン=とちぎ木の花スタジアム 6回を1安打無失点と好投し、4勝目を挙げた栃木GBの比嘉=とちぎ木の花スタジアム 5回、栃木GBの佐々木が右翼線に走者一掃の適時二塁打を放つ=とちぎ木の花スタジアム

 野球独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブス(GB)は1日、とちぎ木の花スタジアム(栃木市営球場)で埼玉と対戦し、3投手の2安打完封リレーで10-0(規定により八回時間切れ)で完勝した。3試合ぶりの白星で通算12勝2分け7敗。

 栃木GBは先発した比嘉大智(ひがだいち)が、変化球主体の投球で6回をわずか1安打。2番手石田駿(いしだしゅん)が七回を無安打に抑えると、3番手橋詰循(はしづめじゅん)は八回に2死一、二塁のピンチを背負ったが、後続を打ち取った。

 打線も10安打10得点。初回に佐々木斗夢(ささきとむ)の左前適時打で1点を先制し、三回は原田元気(はらだげんき)の左前適時打などで2点を追加。五回は佐々木が2死満塁から走者一掃の3点適時二塁打を放つなど、打者11人の猛攻で一挙7点を奪って試合を決めた。

 次戦は2日午後2時から、笠間市民球場で茨城と対戦する。