福島と新潟、山梨、静岡の4県を含めた関東広域11都県などでつくる関東カワウ広域協議会は18日、カワウが飛来する河川で一斉追い払いを始めた。27日まで。

 カワウによる被害防止とカワウ個体群の適切な管理が目的。アユ稚魚の放流に合わせて毎年この時期に実施しており、県内では那珂川、鬼怒川、思川、渡良瀬川の4水系16漁協が参加する。