スーパーの野菜コーナー。県産トマトも値上がりしている=30日午前、芳賀町の「たいらや芳賀店」

 日照不足や長雨によって広範囲で野菜の出荷が鈍り、栃木県内のスーパーの販売価格にも影響が出ている。ネギやレタスなど一部の品目では平年の2倍以上の値が付く。生産者は、天候不順による生育不良や病害の発生予防に対策を講じているが、「お天道さまが出ないことには厳しい」との声も漏れる。

 30日午前。芳賀町祖母井(うばがい)南1丁目の「たいらや芳賀店」の陳列棚に並ぶネギの価格は2本セットで298円。清水聡(しみずさとし)店長(49)は「通常の価格の2倍以上になる」と表情を曇らせた。