県央宇都宮ボーイズの右から斎藤祐、古賀、斎藤匠

 8月8日から、大阪府などで行われる第51回日本少年野球選手権に出場する、県央宇都宮ボーイズの斎藤祐汰(さいとうゆうた)副主将(東原中3年)、古賀也真人(こがやまと)主将(氏家中3年)、斎藤匠(さいとうたくみ)副主将(南摩中3年)。

 5年ぶり3度目の出場。持ち味の堅い守りで流れをつくり打撃につなげるスタイルで、県予選では3試合で失点2。全国大会には各地区予選を勝ち抜いた47チームが出場する。

 1番を打つ古賀主将は「どんな形でも出塁してチームを勢いづけたい」。斎藤祐副主将は「好機で回ってくることが多いので、走者をかえす打撃をする」。斎藤匠副主将は「当たり前のプレーが当たり前にできるようにしたい」と意気込んだ。