ホッケー日本リーグは30日、高円宮牌2020の競技日程を発表した。男子1部は10月10日に岐阜県各務原市の川崎重工ホッケースタジアムで開幕し、昨季3位で初優勝を狙うリーベ栃木は今季2部から昇格した福井クラブと対戦。女子で昨季3位のグラクソ・スミスクライン(GSK)は9月26日に日光市ホッケー場で開幕戦を迎え、初戦で同2位の山梨学院大を迎え撃つ。

 男子1部のレギュラーステージは6チームの1回戦総当たりで行われる。日光シリーズは11月14、15の両日に同ホッケー場で開催され、リーベは立命館大、岐阜朝日クラブと激突する。ファイナルステージは12月20日、東京・大井ホッケー競技場で開催される。

 女子は5チームずつのプールに分かれてレギュラーステージを行い、Aプールに入ったGSKは山梨学院大、駿河台大、東海学院大、ソニーと計4戦を戦う。ファイナルステージは11月21、22の両日、大井ホッケー競技場で開かれる。