バスケットボール男子のBリーグは29日までに、2020-21シーズンの日程を発表した。

 今季B1は20チームによる暫定2地区(東西)制に移行。東地区は宇都宮ブレックスのほか、A東京、千葉、SR渋谷、秋田、北海道、横浜、川崎、新潟、富山の計10チームが入った。

 レギュラーシーズンは各60試合。ブレックスは地区内の9チームに加え、西地区の名古屋Dと三河の2チームと4回戦(計44試合)、西地区の残り8チームと2回戦(計16試合)を行う。

 ブレックスの開幕戦は10月3日午後3時5分からブレックスアリーナ宇都宮(宇都宮市体育館)で行われ、昨季西地区1位の琉球と激突する。