ヨーグルトリキュール「NASU NO46YASHIO」

 那須りんどう湖レイクビューを運営する那須興業(那須町高久丙、矢澤剛志(やざわごうし)社長)と白相酒造(那珂川町小川、白相淑久(しらそうとしひさ)社長)は、ヨーグルトリキュール「NASU NO46YASHIO(ナスノシロヤシロ)」を初めて共同開発し、販売を始めた。矢澤社長は「業種を超えて協力し、コロナ禍を乗り越えたい」と話している。

 那須興業が取り組む地元企業とのコラボレーション第3弾。白相酒造の麦焼酎「とちあかね」と、今年那須ブランドに認定された那須りんどう湖レイクビューの「ジャージー飲むヨーグルト」を使用した。ヨーグルトの濃厚な甘さが際立ち、飲みやすく仕上がった。

 新型コロナウイルスの影響で、那須りんどう湖レイクビューのジャージー牛の乳製品は例年より販売量が減り、白相酒造も売り上げが落ち込んでいる。白相社長は「大変な状況も逆手にとって、次のステップに進みたかった」と説明する。

 両社から報告を受けた那須町の平山幸宏(ひらやまゆきひろ)町長は「町の励みになるような一品になってほしい」と期待する。

 NASU NO46YASHIOはアルコール度数8度。価格は税別で300ミリリットル900円、720ミリリットル2千円。(問)那須りんどう湖レイクビュー0287・76・3111。