栃木県内の新型コロナウイルスの感染者数

 宇都宮市は28日、同市在住の60代女性と40代男性の2人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。いずれも現在は症状がない。栃木県内の確認は17日連続で、感染者は計169人。

 60代女性は発熱やけんたい感などを訴え医療機関を受診後、28日PCR検査で陽性が分かった。濃厚接触者は夫、娘、孫2人、娘の夫の計5人。40代男性は発熱とけんたい感があり医療機関を受診後、28日のPCR検査で陽性が判明した。濃厚接触者は同居人と知人3人。同居人は陰性だった。

 27日に感染が分かった同市本町のキャバクラ店「リンダ」に勤務する20代女性について、濃厚接触者の父と母、同僚12人の陰性が確認された。28日までに市に相談のあった5件のうち利用客3人も陰性だった。24日に陽性となった壬生町在住80代女性の濃厚接触者である同居の子2人も28日までに陰性を確認した。

 また県は28日、日光市の飲食店「ラーメン居酒屋 八海山」の従業員で、24日に感染が判明した70代男性と50代女性の積極的疫学調査の結果を発表した。70代男性の濃厚接触者である知人や関係業者、利用客など計15人、50代女性の知人1人の陰性を確認した。

 県と宇都宮市は28日、PCR検査を計118件実施した。累計検査件数は1万2860件、退院は119人。