やきそばマップを手にする津守さん

写真と共に麺やソースの特徴などが紹介されている12店の焼きそば

やきそばマップを手にする津守さん 写真と共に麺やソースの特徴などが紹介されている12店の焼きそば

 焼きそばの専門店や、主力商品として提供している総菜(そうざい)店など真岡市内の12店を紹介した「真岡市 やきそばマップ」を市地域おこし協力隊員津守美幸(つもりみゆき)さん(29)が作製し、8月1日から市観光協会や真岡駅、市役所などで計3千部配布する。「真岡のソウルフード」とも言われる焼きそばのマップ作製は初の試みで、津守さんは「店によって味や麺の食感が異なり、どの焼きそばもお薦め。観光や街歩きの際に役立ててほしい」と期待している。

 マップはA3判のカラー刷りで、八つ折りにしてポケットサイズになる。創業70年の老舗から2年前にオープンした新規店まで、各店の麺の特徴や具材、ソースに関する情報を住所や営業時間、価格、定休日と共に写真付きで掲載。店のこだわりや雰囲気について津守さんのコメントが一言添えられているほか、店主の好きな演歌や歌謡曲といった「プチ情報」も盛り込まれている。