オープン記念の試食会

天狗山そば工房をオープンし、そばを打つ田中さん(中央)

オープン記念の試食会 天狗山そば工房をオープンし、そばを打つ田中さん(中央)

 【さくら】地域の憩いの場になればと、そば打ちを趣味とする穂積、市社会福祉協議会会長田中耕一(たなかこういち)さん(72)は26日、自宅に「天狗山そば工房」をオープンした。関係者ら25人が開所を祝しながら、「自慢の味」に舌鼓を打った。田中さんは「高齢者の居場所づくりのきっかけとして、利用してほしい」と話している。

 田中さんは2008年、氏家消防署を退職後にそば打ちを始めた。各所で指導を行う、矢板市木幡、山口一夫(やまぐちかずお)さん(67)を師匠に腕を磨いた。児童福祉施設や地域で振る舞い、「この味が広く伝わってほしい」と言われるまでになった。