前半28分、相手の激しい守備でボールを奪われる栃木SCのFW明本(中央)=東京都町田市の町田GIONスタジアム

前半5分、栃木SCのFW榊が相手陣内でボールを競り合う=東京都町田市の町田GIONスタジアム

後半26分、自陣で相手に激しいプレスを受ける栃木SCのFWエスクデロ=東京都町田市の町田GIONスタジアム

前半28分、相手の激しい守備でボールを奪われる栃木SCのFW明本(中央)=東京都町田市の町田GIONスタジアム 前半5分、栃木SCのFW榊が相手陣内でボールを競り合う=東京都町田市の町田GIONスタジアム 後半26分、自陣で相手に激しいプレスを受ける栃木SCのFWエスクデロ=東京都町田市の町田GIONスタジアム

 明治安田J2第7節2日目は26日、各地で2試合を行い、栃木SCは東京都の町田GIONスタジアムで町田と対戦し、0-2で完敗した。2連敗で通算2勝1分け4敗、勝ち点は7のままで19位に後退した。

 前節から先発4人を入れ替えた栃木SCは、序盤から激しいプレッシャーで主導権を握った。9分にカウンターからFW矢野貴章(やのきしょう)、12分にはMF明本考浩(あきもとたかひろ)がシュートを放ったが決められなかった。逆に23分、ショートコーナーから相手FWに体で押し込まれて先制点を献上。45分も同じ形で2点目を失った。

 後半は相手の粘り強い守備に攻撃を阻まれた。22分にFWエスクデロ競飛王(せるひお)ら3選手を一気に投入。25分のMF大崎淳矢(おおさきじゅんや)、40分のMF佐藤祥(さとうしょう)のシュートは枠の上にそれた。GK塩田仁史(しおたひとし)の負傷退場などで8分間あったロスタイムは雷雨で一時中断となり、再開後の好機も大崎が決めきれず2試合連続で完封負けした。

 栃木SCは29日午後7時から、前橋市の正田醤油スタジアム群馬で群馬と「北関東ダービー」の初戦を戦う。