作新-佐野日大1回戦 1回表作新1死三塁、朴の投ゴロの間に三走・岩本が先制のホームイン。捕手・尾家=キョクトウベリースタジアム

7回を投げ、被安打1無失点と好投した作新・坂入=キョクトウベリースタジアム

作新-佐野日大1回戦 1回表作新1死三塁、朴の投ゴロの間に三走・岩本が先制のホームイン。捕手・尾家=キョクトウベリースタジアム 7回を投げ、被安打1無失点と好投した作新・坂入=キョクトウベリースタジアム

 全国高校軟式野球選手権大会栃木県大会の代替大会「軟式3年生ファイナルカップ」は24日、鹿沼市のキョクトウベリースタジアムで1回戦2試合を行い、白鴎大足利と作新学院が勝利を収めた。当初は2日間開催の予定だったが、23日が雨天中止となったため、決勝と3位決定戦は行わずに閉幕した。

 白鴎大足利は文星芸大付に9-2で七回コールド勝ち。1-2の三回、1死二、三塁から内野ゴロの間に金山翔紀(かなやましょうき)、鶴貝千春(つるがいちはる)が相次いで生還し逆転。七回には相手投手陣の制球難につけ込み6点を加えた。

 作新学院は佐野日大に6-0で快勝。初回に1死三塁から投ゴロで1点先制。3-0の七回には朴炳旭(ぱくぴょんうく)、菊池唯人(きくちゆいと)の適時打で3点を加えて突き放した。