新たに開発した「おとめララベリージュース」

おとめララベリージュース。注文を受けてから作る

新たに開発した「おとめララベリージュース」 おとめララベリージュース。注文を受けてから作る

 【小山】障害者の就労支援施設などを運営する社会福祉法人パステル(乙女)はこのほど、施設の利用者らが栽培した桑の実を使った「おとめララベリージュース」を新たに開発し、同所のレストラン「みゅぜ・ど・ぱすてる」で販売を始めた。

 同法人は、障害者が農業に携わる「農福連携」を推進。利用者の工賃アップのため、桑の葉や実を使った茶やジャムなどの加工品作りにも取り組んでいる。