県の「とちぎに泊まろうキャンペーン」サイト

 新型コロナウイルスの感染拡大で影響を受けた観光業を支援する国のキャンペーン「Go To トラベル」が22日に始まるのに合わせ、栃木県は8月上旬から、独自振興策「とちぎに泊まろうキャンペーン」を展開する。県内宿泊施設利用者を対象に抽選で本県特産品をプレゼントするほか、レンタカー料金を割り引く。

 県は特典を設けることで旅行先に本県を選んでもらえるよう企画した。6月第2次補正予算に事業費2億7400万円を盛り込んだ。

 特産品プレゼントは「Go To」などの割引適用後に1人1泊3千円以上支払った人が対象。領収証をインターネットか郵送で送付すると抽選で約3万5千人に県内宿泊施設の宿泊券やとちぎ和牛、日本酒などが当たる。期間は22日~10月末の宿泊分を予定する。

 レンタカー料金の割引は感染リスクを抑えながら観光地の周遊を促すのが目的。宿泊施設の利用をレンタカー会社で証明すれば1台7千円以上の料金を対象に一律5千円補助する。期間は8月上旬~来年1月末。

 制度の詳細は8月上旬までに固める。新型コロナの感染再拡大で東京都の発着が「Go To」対象外となったほか、県内でも感染者数の増加が続く。県観光交流課は「状況を踏まえたPRを行い、観光需要の回復に努めたい」としている。