栃木県が来年度から開催を予定する県内全域を舞台とした新たなサイクルイベントの実行委員会設立総会が21日、県公館で開かれた。実行委には全25市町や観光、自転車などの関係団体が参加し、イベント名を「ぐるとち」とすることを決めた。第1回は来年5月22、23の両日、那須塩原市千本松の那須野が原公園発着で開催する。

 新イベントは、今年3月で終了した国際自転車ロードレース「ツール・ド・とちぎ」の後継との位置付け。宿泊や体験イベントを取り入れた市民参加型とし、観光誘客や地域振興にもつなげる。名称は「ぐるっと栃木県を周遊する」との意味を込めた。