植物由来の抗菌除菌消臭剤「BIO FRESHU」

 生花小売業マーサーズ(鹿沼市東町3丁目、小太刀昌子(こだちまさこ)社長)は、植物由来で人体に影響のない抗菌除菌消臭剤「BIO FRESHU(バイオフレッシュ)」を商品化した。

 原液はメタセコイア化石から抽出した高分子結合物液「SHU(シュー)」をエコパセフィックジャパン(大阪市)が製造し、業務用に販売している。主に消臭剤として使用されているが、新型コロナウイルスの感染拡大により、抗菌除菌機能が注目されている。

 同社のSHU化学研究所によると、柑橘系抗菌成分を配合したSHUは、1時間後に生菌数が4.5%に減り、48時間有効という。

 マーサーズは代理店契約を結び、一般向けに300ミリリットルのスプレータイプ、1リットルと2リットルの詰め替え用を商品化した。22~26日、福田屋百貨店宇都宮店で先行販売する。期間中の価格は2200~4500円。