栃木県内の新型コロナウイルスの感染者数

 栃木県と宇都宮市は20日、20~40代の男女3人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。3人とも症状はない。県内の感染確認は9日連続。県内の感染者は計136人となった。

 小山市の40代女性はクラスター(感染者集団)が発生した同市内の集会に参加していた。18日に味覚障害があり、20日に帰国者・接触者外来を受診し陽性が判明。濃厚接触者は同居家族5人でうち3人は陰性だった。

 同市内の集会には22人が参加し、茨城県在住者も含めて15人の陽性、7人の陰性が確認された。県は集会の具体的な内容を明らかにしていない。

 大田原市在住の20代男性は、クラスターが発生した宇都宮市内の美容業店に勤務。19日のPCR検査では陰性だったが、20日の再検査で陽性が確認された。宇都宮市在住の20代女性は、美容業店勤務で18日に感染が分かった下野市の30代男性の知人。17日に女性宅玄関で数分会話したという。20日、濃厚接触者として女性の子をPCR検査し陰性を確認した。

 県と宇都宮市は20日、計18件の検査を実施。累計検査件数は1万1018件。退院者は91人。